タイトルイメージ
本文へジャンプ

1 題材の目標   2 題材の評価規準 3 主な学習内容と評価 アドバイス 資料

1 題材の目標       2 題材の評価規準

1 題材の目標

 感性を働かせて、感じ取ったことや考えたこと、目的、機能などを基に主題を生成し、映像表現の視覚的要素を生かした表現方法や編集を工夫し表現する能力を育成する。


2 題材の評価規準

関心・意欲・態度 芸術的な感受や表現の工夫
時間の変化を、数字の視覚的な変化に置き換えることに興味をもち、自分の表現に結びつけたいと意欲的になる。
絵を動かすことによって、多様な表現が可能になることを実感することができる。
数字の変化から連想したことや、イメージを大切にしながら、その絵の形や特徴に生かすことができる。
生命や身近な自然での驚きや不思議、生活の中での感動などを思い出しながら、絵の変化を楽しむことができる。
創造的な表現の技能 鑑賞の能力
スキャナやコンピュータなどのマルチメディア機器に慣れるとともに、自分のイメージをわかりやすく人に伝えるように視覚化するなどのビジュアル・コミュニケーション能力を身に付けることができる。 作品の鑑賞を通じて、その表現技法やソフトの活用技術を理解するとともに、心や感性を働かせて、よさや美しさ、作品の背景にある人様々な感情や考えなどを感じ取ることができる。