ランプシェード

校庭の木と向き合う

名画に入る

動くしりとり

オカリナ

コラグラフ

不思議な生き物たち

パッケージデザイン

手づくりペン画

タイトルイメージ
本文へジャンプ



 このサイトは、高等学校の美術の実践例と、大学等での取組について紹介しています。

サイトのほぼ全内容をPDF形式でダウンロードできますので、ご活用ください。
1 表紙 2 カラーページ(16P) 3 本文(165P)
 34年間勤めた県公立学校教員を早期退職し、奈良芸術短期大学に勤めて5年目になりました。このサイトでは、高等学校での実践や大学での教職(中学校美術科)、彫刻等に関連する内容を順次更新していきますので参考にしていただけたら幸いです。

 さて、私は美術教員になってずっと悩んできたことがありました。それは、『美術は、教えることができないのではないか』ということでした。美術教育は、いうまでもなく表現の教科ですが、この教科では技法や技術などの習得と同時に、創造的な表現にかかわる技能を育てていく必要があります。それらを進めていく方法として私が辿り着いたのは、表題の「教えないように、教える」でした。

 ある美術の先生が、「困ったときに、すぐに相談できる『駆け込み寺』があればいいのに」と言われていたことがありました。私も、教員になりたての頃はよく悩みました。特に高等学校では、大抵美術の教員は一人しかいないので相談しながら進めることができません。そこで、 これまで私が実践してきたことを、一人でも多くの皆さんと共有したいと思い、このサイトを立ち上げました。

 ここで紹介する実践は、主に高等学校のものですが、中学校でも使えるものがたくさんありますのでご活用いただけたら幸いです。もし実践されてみて、よかった点、改善すべき点など、お気づきのことがございましたら、gasho@gasho.jp へお知らせください。

手づくりペン画  パッケージデザイン  不思議な生き物   ランプシェード



コラグラフ 土笛からオカリナへの進化 動くしりとり 名画に飛び込む 木の細密描写

0
更新 2016/12/3 ( 開始2009/12/31 )

本日

昨日

累計

<Copyright(C)2009 中川賀照 All rights reserved.
「教えないように、教える」 美術教育の実践